当社の社是は「7つの習慣の実践」です。
「7つの習慣」というのは、スティーブン・R・コヴィー著のビジネス書で、人生において大切な7つの習慣が記されています。
当社が社是として掲げ、実践している「7つの習慣」の内容について、ご紹介させていただきます。

スティーブン・R・コヴィー 「7つの習慣」

スティーブン・R・コヴィー 「7つの習慣」

スティーブンR・コヴィー著「7つの習慣」は、ビジネス書の世界的ベストセラーです。すでにお読みの方や内容は知らなくてもタイトルは知っている方も多いのではないでしょうか。

本書には社交的なイメージの作り方など、表面的なテクニックは書かれておらず、人間の内面にある人格的な部分を磨くための具体的な習慣が示されています。
また、自分を内面から変え色眼鏡を外し、「原則」に従って生きることを基本の考えとしています。「原則」とは、「誠実さ」「人間の尊厳」「可能性」のような、国や時代を超えて常にその価値が変わらないもののことです。

根本的な生き方を見直すための方法が分かりやすく書かれていることから、本書は単なるビジネス書としてだけでなく人生哲学の定番として親しまれています。

第一の習慣 「主体的である」

第一の習慣 「主体的である」

「7つの習慣」の第一~第三の習慣までは「私的成功」について記述されています。
「私的成功」とは、依存(決断を周囲に任せている状態)を自立(自分で決断し周囲に左右されない状態)に変えていくことです。

人は何かが起こった時(刺激)、その事象に対して傷つくのではなく、事象に対する自らの「反応」で傷つきます。刺激に対してどう反応するかは自由です。刺激に対する反応を「選択する自由」があることが第一の習慣に記されています。

今の自分があるのは、過去の自分の自由な選択の結果です。その事実を受け入れることで、今後も自由な選択を続けていくことが出来るのです。「主体的」というのは、単に自発的に率先して動くだけでなく、これまで自分が選んできた人生の責任を受け入れることです。

第二の習慣 「終わりを想い描く事」

第二の習慣 「終わりを想い描く事」

自分の葬儀を想像してみた時、弔問客にどのように自分のことを語ってほしいでしょうか?
「終わりを想い描く事」は人生の終わりを想い描き、それを念頭に今日を過ごすことです。
自分が目指す人格や功績、土台となる価値観を想い描き、そのイメージ通りになるように日々を過ごせば人生が思いもよらぬ方向に逸れることはありません。

そのために定期的に価値観の中心について見つめることが大切です。この習慣を身に付けるために、ミッションステートメント(信念やモットーを実際の行動や方針として具体化すること)を書く事が効果的であると本書の中では勧められています。
ミッションステートメントの中心が人やモノ、趣味や宗教などに偏ってしまうと、正しい内容が書けません。普遍な価値観である「原則」をミッションステートメントの中心とすることが重要です。

第三の習慣 「最優先事項を優先する」

第三の習慣 「最優先事項を優先する」

第二の習慣で想い描いたことを実現するための習慣について書かれている項目です。
成功者に共通していることは、成功していない人が嫌がってやってこなかったことを実行に移す習慣を持っていることです。

物事を「重要度(高・低)」と「緊急度(高・低)」の4つの領域に分けた時、「重要度が高く、緊急度が低い事」をいかに行うかが成功への秘訣です。人間は緊急のことに対しては受動的に行動することができますが、緊急でないことに対しては率先力と主体性を持って能動的に動かなければならないからです。
行動に優先順位つけ、それを実行するセルフマネジメント能力が重要となります。具体的な実践のためのスケジュール帳も公開されています。

また、「何をするか」と同時に「何をしないか」も同じくらい重要です。最優先事項を優先するためには「NO」と言えることも大切です。

第四の習慣 「win-winを考える」

第四の習慣 「win-winを考える」

第四から第六の習慣までは「公的成功」について記述されています。
「公的成功」とは、「自立」を「相互依存」に変えていくことです。相互依存とは、自立した者が集まり協力して相乗効果を生み出す状態の事です。

「win-winの関係」とは、お互いが利益を得られる状態です。どちらかだけが得をしたり、勝つことだけを考えたりしている状態では、信頼を築くことはできません。
人生を競争の場ではなく協力の場ととらえることで、良好な関係を築く事ができます。双方の意見が食い違ったとしても人生を協力の場ととらえていれば、お互いの価値観を共有し合い、より良い「第三案」を生み出すことが可能です。

もしそれでも解決策が見つからない場合は、「No Deal」という考え方も存在します。これはお互いが納得できる解決策がないのなら、取引自体をやめてしまうことです。
どちらか、もしくは双方が納得できない方法を選択し、長期的な関係に悪影響を及ぼすくらいなら、「No Deal」を選んだ方が適切です。
「合意しないことに合意する」ことも時には必要なのです。

第五の習慣 「まず理解に徹し、そして理解される」

第五の習慣 「まず理解に徹し、そして理解される」

こちらの助言を受け入れてもらうにはまず相手の立場に寄り添って話をよく聞くことが重要です。
気持ちに共感しながら真剣に話を聞いてくれる人には、心の中を打ち明けようとするものです。反対にろくに話も聞かずに自分の意見ばかり押し付けてくるような人の話には耳を傾けようとも思いません。
誰かに正しい助言をするには、まずきちんと話を聞くことです。

第六の習慣 「シナジーを創り出す」

第六の習慣 「シナジーを創り出す」

シナジーとは相乗効果のことで、個々の能力の合計が全体の合計よりも大きくなることです。簡単に言うと、「1+1が3にもそれ以上にもなる」ということです。

双方の意見が食い違って両方を実行しようとすると矛盾が生じてしまう状況で、二者択一ではなく、より良い「第三の案」を出す事で問題が解決する場合があります。
「意見が食い違う」ということは「見えているものが違う」ということです。双方の違いを受け入れ、尊重し合うことがシナジーの本質です。

自立した者同士であれば他者の感情・知識・心理などを違う存在として受け入れることができ、相乗効果を発揮することができるのです。

第七の習慣 「刃を研ぐ」

第七の習慣 「刃を研ぐ」

これまでの6つの習慣を果たすために最も重要な「自分自身」の価値を維持し高めていくための習慣が、第七の習慣です。

人間は「肉体」「精神」「知性」「社会・情緒」の四つの側面で構成されています。これら四つの側面をバランスよく研ぎ澄ますことが成長のために大切なことです。
自分を磨くための活動をバランス良く行うことができれば、大きな相乗効果を発揮します。
四つの側面は相互に親密に関係しているため、一つの側面を磨くことで、他の側面にも良い影響を及ぼします。

また、「7つの習慣」自体にも同じことが言えます。どの習慣を改善しても、残りすべての習慣を実行するための能力を向上させることができるのです。

当社は従業員一同「7つの習慣」を実践し、お客様にご納得いただく事を第一とし、
お客様の気持ちに寄り添ったサービスをご提供いたします。

CONTACT

定休日:火曜日・水曜日

不動産のことなら何でもお任せください。試しに相談したいなどでも構いません!まずはお気軽にご相談ください。(無料)

PAGE TOP